seo

WEBページは検索エンジンに優しいURLで構成する理由

Google検索窓

「やっとインデックスされた!」「今回はインデックスが早いな!」などと、耳にすることがある。

インデックスされた、と言いますが実際は記事の文字数「1000文字中」の「10文字」程度かもしれませんし、インデックスされたのではなく、WEBサイトの記事タイトルが検索結果に反映されただけなのかもしれない。

これでは検索結果下位に掲載されただけで、当然のごとく、検索上位には掲載される可能性はない。

これから、インデックスの仕組みを理解しやすく解説しよう。インデックスの仕組みを知れば、「良質なコンテンツ」を提供する、という前提条件付きだが、検索上位に掲載される可能性が生まれるというチャンスに恵まれる。

1 検索エンジンの働きを知ることからURLを作成する

まずはGoogle検索エンジン働きを知っていないと検索結果での上位表示獲得することは不可能だと理解して欲しい。

WEBサイトを作成したら、Googleのクローラーが回って、記事の情報収集を行う。このクローラーのことを「Google bot」と呼び、このGoogle botがWEBサイトにどれだけの回数がはいるのか?「1日あたりのクロールされたページ数」が最低でも70以上出ていないと、検索上位表示されるためのSEO的基盤が完成されていないと判断される。(あくまで弊社の経験値から)

Google botが1日に訪れる回数

1-2 Google検索エンジンの3つの働き

  1. WEBページ情報を集める「Google bot」
  2. インデックスを作成する「インデックスサーバー」
  3. 検索結果を表示させる「フロントエンドサーバー」

この検索エンジン3つの働きの中で、SEOにおいて最も影響を与えるのが、「2」のインデックスの作成をする「インデックスサーバー」。

インデックスサーバーはリポジトリに保存されたWEBサイトの情報(全ての単語、単語が書かれている場所、titleタグ、alt属性など)を抜き出し、「中心的な重要な単語」と「URL」を関連付けて登録を行う役割をしている。これがインデックスを作成する「インデックスサーバー」だ。

重要な単語とは、WEBページの単語の中で、出現頻度や書かれている場所などを元にしてGoogleが最も重要なキーワードとして認識している単語のことを言い表す。

重要な コンテンツ キーワード

そのためにGoogle bot(スパイダーとも呼ぶ)が世界中のWEBページ群から情報を集め、(これをクローリングと言う)集められたウェブぺージの情報が、「リポジトリ」と呼ばれるデータサーバーにー時的に保存される。Googleは全ての単語をリポジトリに格納し、その単語群の中から重要な単語とURLを関連付けてインデックスサーバーに登録を行う。

そして、検索順位のランキングを表示しているのが、フロントエンドサーバー。ユーザーが入力した検索語に対して関連するウェブぺージの一覧を表示している。

2 WEBページのURLは検索結果に影響するのか

Googleのインデックスサーバーに、WEBページの目標キーワードと、WEBページのURLが関連付けられることも大事だ。
URLに説明的な名前を利用することは、検索エンジンがクロールしやすくなることにもつながるし、ページのURLは検索結果にも表示される。

2-1 ユーザーが理解できるシンプルなURLが好ましい

URL構造はできる限りシンプルに、論理的でユーザーが理解できる、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できるURLを構成するようにすること。

IDや不可解なパラメータで構成されたURLと比べると、ユーザーと検索エンジン両方にWEBページの情報を伝えやすくなる。

ユーザーが理解できるシンプルなURL

「wasebi」という検索キーワードで検索すると、WEBサイトTOPにある検索キーワードとマッチするURLを持ったページが検索結果に表示される。これはWEBサイトTOP(ドメインTOP)に限ったことではなく、階層の深いURLでもこのように太字で検索結果に表示される。

2-2 ユーザーが探している情報が解りやすいURL

サイトを訪れるユーザーにとって解りやすいURLであれば、ユーザーはサイトの構成が理解しやすくなる。

2-3 他のサイトからリンクが貼られやすくなる

ユーザーにはWEBページのURLでリンクする方も多いはずだ。複雑なURLはわかりにくく、ユーザーに不親切であり、ユーザーがURLを簡単にリンクとして張れるようにシンプルで理解しやすいURLが必要になる。

2-4 URLは検索結果に表示される

WEBページのURLはGoogleの検索結果にも表示されるので、URLをできる限りシンプルにすることで、ユーザーにも検索エンジンにも親切なものになる。

まとめ

上記で述べたように、良質なコンテンツを掲載することが絶対条件という前提だ。サイトを訪れるユーザーへ有益で得する情報を提供していれば、サイトの人気が上昇し、他のサイトからリンクされるようになる。

さらに言えば、「重要度」の高いページからリンクが張られたWEBページはGoogleからより高く評価され、そのリンクを受け取ったWEBページを重要なサイトと判断し、フロントエンドサーバーの検索上位として表示される。

つまり、WEBページへ訪れるGoogle botの頻度が多くなり、検索上位に反映されるベストなSEO的基盤が完成する。さらに良質なコンテンツを連続投稿していけば、おのずと狙うキーワードでは検索上位に表示されるという仕組みだ。