seo

はてなブログ無料版と有料版の特徴とSEOの強さ

hatena_burogu

はてなブログの無料・有料の2つのプランですが、詳しくは下で解説していますが、「初級者は無料ブログ」「中級~上級者は有料ブログ」をおすすめします。

その理由はいくつかありますが、主な理由として

  • 無料ブログはお金をかけずに開設できるので、まだ成果が取れていない初級者に向いている
  • 無料ブログで使うことのできるドメインはパワーが強いので、速攻で順位を上げる事ができる
  • はてなブログのコミュニケーション機能は無料ブログでも使えるというメリットがあるからです。

はてなブログ無料版と有料版の機能の比較

はてなブログの無料版と有料版は大きな違いがあり、当然有料ブログの方が多くの機能が使えます。
ですが、無料ブログに価値が無いわけではなく、初心者の方は無料ブログでも、十分なメリットがあります。

はてなブログの無料ブログのメリットは上に概略を書きましたが、まず無料ブログは、名前の通り全て無料で利用することができます。これは大きなメリットです。

また、無料ブログの場合は、はてなの用意したサブドメインを使うことになるのですが、このサブドメインは多くの人が使用しているため、元々ドメインのパワーが強くなっている、というメリットがあります。

はてなブログ無料版と有料版の開設するための比較表です。

はてなサブドメインはSEO上有利になる

はてなブログのドメインの中でも、特に多くの人が使っていてドメインパワーが強いのが「hatenablog.com」です。このドメインは現在とても強くなっているので、このサブドメインを使うとSEO上非常に有利になります。

また、はてなブログの最大の特徴である、はてなブログユーザー同士のコミュニケーション機能「はてなブロググループ」は、無料ブログでも参加できます。

この「はてなブロググループ」で積極的に他のユーザーと交流することで、自分のブログに多くの読者が来てくれることにもなりますし、ブックマークもつきやすくなります。

少しのブックマークより検索順位もあがる

このように、はてなブログは無料ブログでも様々な機能が使え、SEO的にも有利な部分がたくさんあります。初心者の方には、まずは無料ブログから始めることをお勧めします。

1つの秘訣として、はてなブログは他のはてなブログユーザーと交流することで「はてなブックマーク」がつきやすく、はてなブックマークはグーグルの検索順位に影響するた め、はてなブックマークをつけることで強力に順位が上がります。

これは一例ですが、はてなブログユーザーとの交流で、この程度のブックマークは簡単につくことになります。

ブログのコンテンツが大変重要になる

このようにはてなブログを運営すると、はてなブックマークがつきやすく、検索順位も上昇が見込めるのですが、大切なのはブログの記事内容です。

記事の内容が貧弱だと、いくらはてなブログでも、他のユーザーの関心を引くことはできませんし、ブックマークも多くはつきません。そのため、グーグルの検索順位も上がらない、ということになります。

まずは、はてなブログで質の良いコンテンツを書き、その上で他のブログユーザーとコミュニケーションを図ることであなたのはてなブログは、無料ブログでも強力なブログに成長することができるのです。

はてなブックマークという特殊なSNS

「はてなブックマーク」というのは、「ソーシャルブックマーク」と呼ばれるサービスのひとつであり、現在はグーグルのハブサイトとして認定されています。

ソーシャルブックマークのサービスは、先に海外のdel.icio.us やdigg といったサービスが流行し、そのサービスのシステムを国内で取り入れたのが、はてなブックマークでした。

日本では、これまで、はてなブックマーク以外にもいくつかのソーシャルブックマークサービスがありましたが、現在では、はてなブックマーク以外はほぼ淘汰されています。

大手のキュレーションサイトにはてなブックマークされた記事が掲載される

はてなブックマークが普及した背景には、すでに「はてなダイアリー」や「はてなブログ」などのブログサービスを使っていたユーザーが積極的に利用したこと、そして、ブックマークコメントを通じて独自のコミュニティが成立したことが大きく影響しています。

また、大手のニュースサイトやキュレーションサイト(インターネット上の記事を収集し、まとめるサイト)などが、はてなブックマークで話題になっている記事を多く取り上げるようになってからは、数多くのブックマークを得ることで日本のインターネット全体で話題になる、という状況が作り上げられてきています。

はてなブックマークはどのようなサービスなのか

はてなブックマークには、「保存・検索」、「共有」、「発見」の3 つの機能があります。

1.保存・検索

まず1 つ目の「保存・検索」ですが、これは、自分のブックマークをオンラインで見ることができる、というのが主な機能です。

一般に、自分のブラウザに保存してあるブックマークは、そのブラウザがインストールしてあるパソコン以外では見られませんが、はてなブックマークに登録したブックマークは、オンライン上に保存されるので、ログインすればどのパソコンやスマホなどでも、同じように見ることができます。

また、ブラウザのブックマークは増えすぎるとどこに保存したのかがわかりにくくなりますが、はてなブックマークの場合は、検索機能があるので、ブックマークした記事のチェックが容易という利便性も持っています。

2.共有

2つ目の「共有」ですが、これは、はてなブックマークが媒介するコミュニティが存在する、ということです。

はてなブックマークでは、ブックマークしたページに対して100 文字以内の短いコメントを書くことが可能です。そして、ブックマークされたページを見ると、1 つのページに対して何人がブックマークしたか、そしてそのページに対して誰がどのようなコメントをしたのかが一目瞭然です。

たとえば、ひとつのページに対して、30人のユーザーがブックマークをして、その30人のうちコメントをした人の一覧はこのようになっています、ということが、すべてのブックマークされたページについて簡単にチェックできるようになっています。

このコメント機能を通じて、ブックマークされたページにどのような意見があるのか、そして、コメントに対するコメントなどを通じて、コミュニケーションが取れるようになっています。これがはてなブックマークの共有機能です。

3.発見

3つ目の「発見」ですが、これは、はてなブックマークのトップページを見ると、その時点で話題になっている記事がたくさん並んでいます。さらにブックマークのサイトの中は各ジャンルに細部化され、ジャンルごとに「新着ブックマーク」「人気ブックマーク」が一覧表示されます。

その一覧を読んでいくと、中には自分の知らない情報がたくさん取り上げられています。そうした「自分が知らない、話題になっているトピック」を、ブックマークのサイトから見つけ出すことができるのが「発見」の機能です。

はてなブックマークの特徴と強み

このように、はてなブックマークの3 つの機能「保存・検索」「共有」「発見」は、言い換えれば「利便性」「コミュニケーション」「メディア」と言えるかもしれません。

上記で説明した、3 つの機能が循環しながら、インターネットの中で大きな話題性を獲得していくことが、はてなブックマークの他にはない特徴です。

Twitter やFacebook にも「リツイート」や「いいね!」などで情報が拡散される要素はありますが、はてなブックマークにおいては、どのような記事が話題になっているのかがブックマークしたユーザー数によって可視化され、ひとつのメディアとして記事内容に多くの人が注目している部分が大きく異なります。

1つの記事がブックマークされると、そのブックマークを「共有」することで多くの人がその記事を目にし、その記事を「発見」したさらに多くの人に読まれることで、爆発的な拡散力を持ちます。それがはてなブックマークの特徴であり強みです。

はてなブックマークで拡散されるには

このように、多くのユーザーがはてなブックマークをつけると、日本ではインターネット全体において影響力を持つようになる、という特徴があります。これは、うまく活用すれば日本では最強の情報拡散ツールになり得ます。

自分の書いた記事が多くのブックマークを得るためには?

はてな界隈で影響力をもつ人物であれば、ブックマークがつく記事を書くのはそう難しいことではありませんが、多くの人はそういった特殊な立場に立ってはいないはずです。

そうした人たちにとっては、まずは「はてなブックマーク」のサイトの端でも、とにかく掲載されることが重要です。

「新着記事」一覧に掲載されるように

はてなブックマークのサイトの「新着記事」一覧に掲載されることで、はてなブックマークをチェックしている人の目にとまり、その記事が興味を惹く良質な記事であれば、読んだ人の何人かが、さらにブックマークをしてくれます。

すると、その記事は、「新着記事」から「人気記事」のカテゴリーに移動します。「人気記事」に掲載されると、さらに多くの人がその記事を読み、おもしろいと思ってもらえば、さらに多くのブックマークがつきます。最終的にはブックマークのサイトのトップに掲載されます。

その頃には、その記事には何万人という数の読者が殺到し、場合によってはサーバーがパンクする状態になるでしょう。

このように、はてなブックマークで多くのブックマークを得るためには、「はてなユーザーの興味を惹く良質な記事」であること、そして、「新着記事」一覧に掲載されることが重要です。

どんなにおもしろくて良質な記事であっても、先に書いたように、はてな界隈での有名人でない限り、ほとんどの場合ブックマークはされません。そうなると、「新着記事」一覧に掲載されることもなく、ブックマークもつかないままです。

3ブックマークのルール

爆発するための導火線に火をつけるためには、「新着記事」に掲載されることが必要です。そのためには、まず「3 ブックマーク」がなければなりません。

すなわち、3人からブックマークされないといけません。

はてなブックマークのシステムとして、短時間で3ブックマークを獲得したページは新着記事一覧に掲載されることになっています。

短時間というのは諸説ありますが、おおよそ、(2017年4月現在)30~40分と考えられます。つまり、新着に載るためには、最初のブックマークがついてから、30 分程度以内に3 つのブックマークがつく必要があります。

3ブックマークの壁

はてなブックマークでは、自分自身が1 つブックマークをつけるのは許可されている、とされています。ですから「セルフブックマーク=セルクマ」は1 つだけならOK ですが、残りの2つについては、他人に頼るしかありません。

そこで、何人かでグループを組んで、お互いにブックマークしあう人たちが次々に現れました。これについては、かつては3ブックマークとして成立したのですが、最近になって運営は、これをチェックするシステムを搭載したため、「スパム行為」としてブラックリスト化されるようになっています。

一度リストに当該のサイトが入ると、二度と新着ページには掲載されなくなります。ですから、ブックマークの自作自演は現在では不可能になっていますので、新着に載る3ブックマークの残りの2つをどうするのかは、現時点では有効な手立てがありません。

記事をコンスタントに投稿する

有効な策として、とても時間がかかりますが、「多くの良質な記事をコンスタントに投稿することで、はてなユーザーの目に止まるサイトを作り上げる」というのがあります。

はてなユーザーはおもしろい、有益なサイトを常に探している人が多いので、最初のうちはまったく誰にも気付かれないサイトであっても、はてなユーザーが興味を惹きそうな記事を継続して投稿していれば、いつかは発見してもらえるはずです。

すると、一目置かれるサイトとして、はてな界隈で認知され、有益、おもしろい記事はブックマークがつきやすい状況になることが考えられます。

最初に自分のサイトを見つけてもらうまではひたすら待つしかない、という大変さはありますが、自作自演が通用しなくなった今、これしか方法がないのではないでしょうか。

ユーザーの興味を惹く記事とは?

はてなユーザーが興味を惹きそうな記事としては、

  • 後で読みたくなるまとめ記事
  • 流行ネタ、炎上ネタ
  • 海外記事やイベント、スピーチの翻訳など
  • 実用的な記事
  • 一言物申したくなるような、議論の余地がある記事

などがあります。

こうしたネタについては、比較的ユーザーの食いつきがよく、ブックマークがつきやすい傾向にあります。ですが、一番肝心なのは記事の内容が良質なコンテンツかどうかです。

はてなユーザーは、インターネットを使いこなしている人が非常に多いので、どこにでもある記事や内容が陳腐な記事には目もくれません。逆に、オリジナリティがあり、新鮮な話題であれば、「あとで読む」などのタグをつけてブックマークしてくれる可能性が広がります。

ただし、上記のような、ユーザーが興味を惹きそうな記事は、それだけブックマークがつきやすい反面、記事の入れ替えが激しく、記事がすぐに一覧から流れてしまう傾向があります。

ですから、あえてはてなユーザーの嗜好と異なる記事を書いて、長く一覧に留まる作戦も有効かもしれません。また、ブックマークのページに掲載された場合、画像があるのとないのとでは、その後のブックマークのつき方に大きな差が出ます。

記事を投稿する場合、サムネイル画像は必須だと思ってください。その他、キャッチーなタイトルをつけることや、読み進めたくなる書き出しなどのテクニックが必要ですが、これらについては、「良質なコンテンツ」を作る上でも必須のテクニックになってきますので、まずははてなユーザーの関心のある記事を書くことを念頭に置くべきでしょう。

はてなブックマークのトップページに掲載されるには?

はてなブックマークに掲載されてから、トップページに載るまでの流れは、次のようになります。

  1. まずは3 ブックマークつくと、カテゴリーの中の「新着記事」に掲載されます。
  2. その記事がおもしろければ、その後も順調にブックマークが増えるでしょう。
  3. ブックマークが10~15 個つけば、「新着」から「人気記事」に移動します。
  4. 人気記事は多くの人が注目しているので、記事が読まれるスピードは加速します。
  5. その記事がユーザーの興味を惹けば、さらにブックマークがつきます。
  6. ブックマーク数が20~30 つけば、総合カテゴリーの下位に掲載されます。
  7. ここまでくると、記事への流入も明らかに変わり、非常に多くの人が記事に注目します。
  8. ブックマークが50 を超えると、カテゴリー別のエントリートップ及び総合カテゴリーの上位に掲載されます。

ここまで来れば、爆発的に拡散されて、いわゆる「バズる」ことに成功したと言えます。

このように、はてなブックマークの流れは、爆弾にたとえられるかもしれません。どんなに破壊力のある爆弾でも、最初に導火線に火がつかないと爆発することはありません。

下記画像は、はてなブログでのバズを起こしたときのPVです。

はてなブログの記事はバズを起こして大きく拡散されたときのPVをanalyticsで表しています。

ですが、もし火がついたとしても、爆弾の火薬がお粗末だと、爆発することなく、火は消えてしまうでしょう。ですから、記事をはてなブックマークで拡散したいと考えるのであれば、まずは、ターゲットに合わせた良質なコンテンツを書き、あとはユーザーに認識してもらうための努力をすることが大切です。

ブックマークをもらうのは決して簡単なことではありませんが、ブックマークを多くもらえたら、その効果は計り知れません。

ブックマークを必ずもらえる方法は、今のところありませんが、良い記事を書いているのであれば、試行錯誤する価値はあるでしょう。

はてなブログ記事を上位表示させるためのまとめ

この記事を読まれる方の多くがアフィリエイターさんでしょう。アフィリエイトサイトの記事だから、はてなのユーザーの興味の属性とは異なるから「はてな用記事を書けないという方がいます。

そのように難易度が高いということはありません。

すべてはアイディア次第で、どうようにでもコントロールは可能なのです。ほんの少しのアイディアと工夫で、はてなでヒットされることはできるのです。ヒットさせ、その記事が上位表示させるためには、ネット上で公開させている方法以外に秘匿性の高い施策法はありますが、公には見ることができません。

この方法は、はてなブログの記事を書くなどの基礎をふまえた上での応用編となります。詳細に書かれているマニュアルは下記から見て自身に合うのでしたらマニュアルを申し込みしてダウンロードしてみてください。